>

ライブチャットサービスとは

ビデオチャットの誕生

元々はライブチャットがいきなり生まれたわけではなく、ビデオチャットと呼ばれるものから派生して誕生しました。
インターネット技術の発展によって、世界各地の人々と繋がれる(会話ができる)ようになったという話は前項で述べましたが、ビデオチャットはそんな中で生まれ、最初は電話の発展型として登場しました。

電話は音声しか送ることができないので、メールなどの文字に比べれば感情なども含めた情報をより正確に相手に伝える事ができるようになりましたが、やはり直接会って話すという行為に勝てるものはありません。
しかし世界の人々と直接会うというのは不可能であるので、ビデオ通話で相手の顔を見ながら話すというのが行われる様になり、それがビデオチャットへと変化していったのです。

ビデオチャットからの派生

前述のようにビデオチャットは誕生し、そして発展していきました。
そしてビデオチャットから派生して生まれたのがライブチャットです。
ではビデオチャットとライブチャットの違いは何なのでしょうか。
端的に言うならば、ライブチャットは「男女の会話」を楽しむサービスです。

ビデオチャットの場合、特定の人物、あるいは不特定多数の人に対して動画を配信するので、相手の性別はそこまで重要ではありません。
しかしライブチャットの場合、基本的に動画を配信するのは特定の異性か、不特定多数の異性に対してであり、配信相手が異性であるということがポイントです。

異性で通信を行うということからも分かるように、基本的には性的な動画に対しての規制が緩く、具体的に言うなれば少卑猥な会話はもちろん可能ですし、サービスの種類によっては自身の性行為を配信することも許可されているサービスもあります。


この記事をシェアする