ライブチャットに潜む危険性

ライブチャットは非常に便利で、特に若者にとっては利益の大きいサービスですが、通常のビデオチャットなどでは起こりえないような事件や、有り得ないような危険が多くあります。 例を挙げるなら住所を特定されるなどですが、ここでは具体的にどのような危険性が含まれているのかを記載します。

ライブチャットを安全に使うために

ライブチャットには、前項で述べたように様々な危険を含んでいます。 しかしライブチャットサービスが非常に有益なサービスであるということも前項で述べました。 ここではどのようにライブチャットサービスを利用すれば安全かつ有益に使用できるのかということについて記載します。

ビデオチャットとライブチャット

今の社会環境は、昔と比較すると大きく進化しました。
一昔前では考えられなかったことが、今では可能となっています。

まず近年一番大きく進化した部分は、インターネットの部分では無いかと思います、
インターネット環境が一昔前と比較すると恐ろしいほど発展し、いま現代の人々は常にインターネット上で世界中の人と繋がることができるようになっています。

その中で発展したのは個人で管理するホームベージやブログ、そして誰でも簡単に自身の情報を他者と共有することができるSNSです。特にSNSの発展は目覚ましいものであり、今やスマホの殆どに何らかのSNSがダウンロードされているのでは無いかと思います。
SNSの代表的なものであればLINEやTwitter、Facebook、Instagramですが、これらの中の1つ、あるいは複数を利用しているという人が殆どです。(ちなみに私自身はすべてのサービスを利用しています。)

また近年よく利用されるようになってきたサービスに、ライブチャットがあります。
ライブチャットは別に最近できたものというわけではないのですが、近年非常に利用するユーザーが増えています。
ライブチャットサービスというのは、その言葉の通りライブで、つまりテレビで言うような生放送の形式で、ネットを通じて他者とビデオ通話などで会話を楽しむサービスです。
特にライブチャットは、男女が行うもののことを指します。

このライブチャットサービスがよく利用されるようになった背景には、Youtubeの繁栄、そしてYoutuberの出現が大きく影響しているのではないかと個人的には思っています。
Youtuberのように誰でも(一般人でも)簡単に全世界の人々に動画を配信できる(繋がることができる)と感じた若者が活発にライブチャットを利用するようになったのでは無いかと思います。

ライブチャットサービスとは

今や広く利用されるようになったライブチャットサービスですが、本来はビデオチャットサービスから異性間のコミュニケーションを目的として派生したサービスです。 近年では性的な言動なども許可されるようになったことで、どんどんそのサービスの規模を拡大しています。 ここではライブチャットの誕生を話します。